Fukushima 50 フクシマフィフティ

福島第一原発に残り続けた名もなき人たちを、海外メディアは“Fukushima 50”と呼んだ。

奇跡は起きると、信じたからこそ

2011年3月11日午後2時46分。

東日本大地震発生。

福島第一原発を襲う、史上最大の危機 ー

原発内で戦い続けた50人の作業員たち。

本当は何が起きていたのか?

何が真実か?

家族を、そしてふるさとを想う人々の知られざるドラマが、

ついに明らかになる。

私たちは、決して風化させない

story

マグニチュード9.0、最大震度7という巨大地震が起こした想定外の大津波が、福島第一原子力発電所(イチエフ)を襲う。浸水により全電源を喪失したイチエフは、原子炉を冷やせない状況に陥った。このままではメルトダウンにより想像を絶する被害をもたらす。1・2号機当直長の伊崎ら現場作業員は、原発内に残り原子炉の制御に奔走する。全体指揮を執る吉田所長は部下たちを鼓舞しながらも、状況を把握しきれていない本店や官邸からの指示に怒りをあらわにする。しかし、現場の奮闘もむなしく事態は悪化の一途をたどり、近隣の人々は避難を余儀なくされてしまう。
官邸は、最悪の場合、被害範囲は東京を含む半径250㎞、その対象人口は約5,000万人にのぼると試算。それは東日本の壊滅を意味していた。
残された方法は“ベント”。いまだ世界で実施されたことのないこの手段は、作業員たちが体一つで原子炉内に突入し行う手作業。外部と遮断され何の情報もない中、ついに作戦は始まった。皆、避難所に残した家族を心配しながら―

全ての人に贈る、真実の物語。

cast

中央制御室
  • 管理グループ当直長

    大森久夫 [火野正平]

  • 第2班当直長

    平山 茂 [平田 満]

  • 第2班当直副長

    井川和夫 [萩原聖人]

  • 第1班当直副長

    加納勝次 [堀部圭亮]

  • 第3班当直長

    矢野浩太 [小倉久寛]

  • 第1班当直主任

    本田 彬 [和田正人]

  • 管理部当直長

    工藤康明 [石井正則]

  • 5・6号機当直副長

    内藤慎二 [三浦誠己]

  • 第1班補機操作員

    西川正輝 [堀井新太]

  • 第1班補機操作員

    宮本浩二 [金井勇太]

  • 第1班補機操作員

    小宮弘之 [増田修一朗]

  • 第1班当直主任

    山岸 純 [須田邦裕]

緊急時対策室
  • 発電班長

    野尻庄一 [緒形直人]

  • 保全部部長(復旧班長)

    樋口伸行 [皆川猿時]

  • 防災安全部部長

    佐々木明 [小野 了]

  • 復旧班電源チーム

    五十嵐則一 [金山一彦]

  • 復旧班注水チーム

    望月 学 [天野義久]

  • ユニット所長(副本部長)

    福原和彦 [田口トモロヲ]

東電本店
  • 東都電力フェロー

    竹丸吾郎 [段田安則]

  • 緊急時対策室総務班

    小野寺秀樹 [篠井英介]

官邸
  • 内閣総理大臣

    佐野史郎

  • 内閣官房長官

    金田明夫

  • 原子力安全委員会委員長

    小市慢太郎

  • 原子力安全・保安院院長

    矢島健一

  • 経済産業大臣

    阿南健治

  • 首相補佐官

    伊藤正之

その他
  • 福島民友新聞記者

    ダンカン

  • 伊崎の娘

    伊崎遥香 [吉岡里帆]

  • 伊崎の妻

    伊崎智子 [富田靖子]

  • 伊崎の父

    伊崎敬造 [津嘉山正種]

  • 遥香の恋人

    滝沢 大 [斎藤 工]

  • 前田拓実の妻

    前田かな [中村ゆり]

  • 避難住民

    松永 [泉谷しげる]

  • 陸上自衛隊陸曹長

    辺見秀雄 [前川泰之]

  • 在日アメリカ軍将校

    ジョニー [ダニエル・カール]

staff

監督 若松節朗

日大芸術学部卒業後、TVドラマのAD、演出補を経て、共同テレビジョンに入社。「振り返れば奴がいる」(93)、「それが答えだ!」(97)、「やまとなでしこ」(00)など数多くの人気ドラマの演出を手がける。映画監督として『ホワイトアウト』(00)、『沈まぬ太陽』(09)で日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞。その他の映画監督作は『COMPLEX BLUE』(94)、『子宮の記憶 ここにあなたがいる』(06)、『夜明けの街で』(11)、『柘榴坂の仇討』(14)、『空母いぶき』(19)。監督を務めた主なドラマは「弟」(04)、「救命病棟24時」「熟年離婚」(05)、「石つぶて 〜外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち〜」(17)など。「地球の王様」(12)では舞台の演出を手がけた。

脚本 前川洋一

脚本を手がけた主なドラマは「OUT~妻たちの犯罪~」(99)、「人間の証明」(04)、「空飛ぶタイヤ」(09)、「マークスの山」(10)、「下町ロケット」(11)、大河ドラマ「軍師官兵衛」(14)、「沈まぬ太陽」(16)、「雲霧仁左衛門 3」「アキラとあきら」(17)、「孤高のメス」(19)、「頭取 野崎修平」(20)など。映画は『ゴト師株式会社 悪徳ホールをぶっ潰せ!』(93)、『週刊バビロン』(00)などの脚本を担当。4月「鉄の骨」の放映を控えている。

音楽 岩代太郎

1991年、東京芸術大学音楽学部大学院修士課程を首席修了。以後、TV、映画、アニメ、ゲーム、舞台など幅広いジャンルで活躍する。『血と骨』(04)、『蝉しぐれ』『春の雪』(05)、『利休にたずねよ』(13)で、日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞。その他の主な映画作品は『殺人の追憶』(03)、『レッドクリフ パート1&パート2』(08、09)、『聯合艦隊司令長官山本五十六』(11)、『許されざる者』(13)、『あゝ、荒野』(17)、『空母いぶき』『新聞記者』(19)など。

原作 門田隆将

戦争、事件、司法、スポーツなど幅広いジャンルでノンフィクションを執筆。「この命、義に捧ぐ 台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡」(角川文庫)で山本七平賞受賞。主な著書に「甲子園への遺言 伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯」(講談社文庫)、「なぜ君は絶望と闘えたのか―木村洋の3300日」(新潮文庫)、「尾根のかなたに 父と息子の日航機墜落事故」(小学館文庫)、「記者たちは海に向かった 津波と放射能と福島民友新聞」(KADOKAWA)など。

撮影 : 江原祥二  照明 : 杉本 崇  サウンド・デザイン : 柴崎憲治
美術 : 瀬下幸治  特撮・VFX監督 : 三池敏夫 

撮影:江原祥二 照明:杉本 崇
サウンド・デザイン:柴崎憲治
美術:瀬下幸治 特撮・VFX監督:三池敏夫 


原作

「死の淵を見た男
吉田昌郎と福島第一原発」

(角川文庫刊)著:門田隆将

「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」
(角川文庫刊)著:門田隆将

90人以上への独自取材と実名証言で綴られた渾身のノンフィクション。当時現場にいた人間しか知り得ない緊迫の状況、次々に発生するトラブル、拡大する被害、本店や官邸との衝突、人間の強さと弱さなど、今まで知り得なかった原発事故の真実を描く。

music

五嶋龍 : ヴァイオリン
©E.Miyoshi

7歳でパシフィック・ミュージック・フェスティバルにて、パガニーニのヴァイオリン協奏曲第1番を演奏し楽壇デビュー。幼い頃から「五嶋龍のオデッセイ」はじめ多くのメディアで取り上げられ、JR東日本のイメージボーイや「題名のない音楽会」の司会などで注目を集める。今日その活動は世界屈指の芸術家たちとの演奏活動にとどまらず、現在の演奏家の使命である社会福祉として、『五嶋龍 “Excellence In Music”(音楽優秀賞)』 を通じて公立高校生に奨学金を授与する活動に加え、教育・国際文化交流・社会貢献活動をグローバルに展開し、現地の人々・子供たちに夢を与え続けている。

長谷川陽子:チェロ
©Hideki Shiozawa

色彩豊かな音色と音楽性を持ち合わせた、日本を代表するチェロ奏者の一人。桐朋学園大学付属「子供のための音楽教室」で井上頼豊氏に師事。1987年リサイタル・デビュー。翌1988年小林研一郎指揮/日本フィルとの共演で協奏曲デビュー。桐朋学園音楽大学を経て、シベリウス・アカデミー(フィンランド)に留学。アルト・ノラス氏に師事し、1992年首席で卒業。これまでNHK交響楽団、プラハ交響楽団等、国内外の主要オーケストラとの共演多数。その他、日本各地でのソロ・リサイタルや無伴奏でのリサイタルに出演。

東京フィルハーモニー
交響楽団
©上野隆文

1911年創立。日本のオーケストラとして最古の歴史をもち、メンバー約130名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。名誉音楽監督チョン・ミョンフン、首席指揮者アンドレア・バッティストーニ、特別客演指揮者ミハイル・プレトニョフ。自主公演の他、新国立劇場他でのオペラ・バレエ演奏、NHK他における放送演奏など、高水準の演奏活動を展開。また、海外公演も積極的に行い、国内外から高い注目を集めている。

テンプル教会少年聖歌隊
Photo by Sim Canetty-Clarke ©

ロンドンで最も優れた合唱団の1つとして知られている「テンプル教会合唱団」は18人の少年聖歌隊と12人のプロの聖歌隊で構成されており、1841年にエドワード・ジョン・ホプキンス博士によって設立された。テンプル教会は合唱団が設立される前から著名な音楽家達との関わりが多く、英国国教会のための楽曲がここで作曲されたり、1734年に当時教会付きのオルガニストで作曲家だったジョン・スタンレーの演奏を聴きにヘンデルが訪れたりするなどがあった。合唱団は、現オルガニスト兼音楽監督のロジャー・セイヤーらの下、テンプル教会での聖歌隊活動に加え、演奏会活動やCDリリースでも高く評価されている。近年では、2015年6月にマグナカルタ制定800周年記念式典にてエリザベス女王とエジンバラ公の御前でジョン・ラッター作曲の「Give the king thy judgements, O God」を演奏し、シンガポールとオーストラリアへの単独演奏旅行を成功させ、2017年9月にはルター派宗教改革500周年を記念したドイツでの演奏旅行を成功させた。2018年クリスマスにはロイヤルアルバートホールにてジョン・ラッター自身の指揮でロイヤルフィルハーモニー管弦楽団と演奏している。


『Fukushima 50』
オリジナル・サウンドトラック

音楽:岩代太郎
3月4日 発売
¥2,500(税抜価格)+税

詳細はこちら

production note production note

正確かつ大規模に再現されたセット

東京・調布の角川大映スタジオに作られたのは、メインの舞台となる1・2号機中央制御室(中操)と、緊急時対策室(緊対)のセットだ。広さはもちろんのこと、細部までリアリティが追求されており、中操の壁に並ぶ計器は、50年もの間、操業していた原子力発電所とまったく同じデザインが再現された。イチエフ勤務経験のある人もセットを訪れ、あまりに実物と同じ光景に感動していたほどだ。一方で緊対は、前面の壁にいくつものTVモニターが取り付けられ、津波のニュース映像などが刻々と流れる。こちらもテーブルの位置や壁の色まで完璧に実物の緊対と同じように作られている。

計器類まで全て再現された
中央制御室

手動でベントを行う上で「最前線」となった中操は、停電の時間などもあり、基本的には「薄暗い」状態が続く。指揮をとるのは佐藤浩市が演じる伊崎当直長。緊対の吉田所長からの指示を受け、高い放射線量の中、誰がベントへ向かうのか。佐藤の「まず俺が行く」という覚悟を決めたセリフに、不安を抱える他の運転員たちも「僕が」「俺が」と次々に手を挙げる。ベテランのキャストは毅然とした表情に、そして若いキャストは真剣そのものの表情となり、ワンカットごとに現場のテンションが上がっていく。その間も、元運転員の方の「緊急時も走ってはいけない。急ぐ時は早足で」などのアドバイスで、徹底的にリアリティが追求された。

その中操のセットの撮影で最も過酷を極めたのが、1号機原子炉建屋の爆発時のシーンだ。突然の爆発による激しい振動が起こる。監督からの「予期しない揺れでパニック状態に」という指示で、運転員のキャストたちが防護マスクを探して右往左往するなか、天井の板や蛍光灯が落下してくるのだ。この落下は「手動」で行われ、天井板や蛍光灯が細かくワイヤーで繋がれ、セットの脇でそのワイヤーを持ったスタッフが、タイミングよく手を離す。一度落としたら、元の状態に戻すまで長い時間がかかるので、一発勝負の緊張感が漂う。監督の「バーン!」という掛け声とともに、見事に天井が崩れ、セット中にホコリが舞い、スモークがたかれる。俳優たちは椅子から転げ落ちるなどパニック状態を演じながらも、ケガがないように立ち位置には細心の注意を払う。作品の中でも最もチャレンジングな撮影は無事に終了し、爆発時の生々しい映像への期待が高まった。

関係者も驚くほど瓜二つな
緊急時対策室

緊対のシーンは、メインキャストの他に120人ものエキストラも加わり、暗い中操とはまったく違う雰囲気。ここでは吉田所長が中心となる。演じる渡辺謙は緊対のセットに入るなり、「今でも帰宅困難の人がたくさんいます。その人たちの気持ちを受け止めて、事実をしっかり描きましょう」と大きな声で挨拶。セットのすべての人に、映画を作る「使命感」が浸透していくのがわかった。この緊対の撮影は、前面のモニターに現時点の緊対が映し出されるので、まずモニター用の映像を撮り、そこから実際のシーンのための本番……という複雑な過程もあった。

セットの中心には福島第一原発全体のジオラマが置かれ、それを囲むようなテーブルに渡辺謙らが座り、刻一刻と変わる状況に対応し、苦渋の決断を繰り返していく。「時刻」が重要なので、本番のたびに壁の時計の針が直される。本社からのあまりに無謀な指令に、声を荒げる渡辺謙の熱演は迫力満点だ。この緊対には、佐野史郎が演じる総理大臣もやって来るが、彼に対して状況を説明する吉田の長いセリフには、「電動弁」「炉心を冷却」など複雑な用語も入るので、渡辺謙は本番前の時間に何度も練習を繰り返していた。そんな渡辺の吉田役に感動していたのが、現場を見学に来た吉田所長を知る人たち。「背中の曲がり方や首の動きが吉田所長にそっくり。後ろ姿は本人かと思うほどで、のりうつったかのようだ」と口々に話す。徐々にやつれていく作業員たちを描写するため、本作の撮影はほぼ順撮りで行われた。中操のメンバーがこの緊対に加わる後半シーンは、作品が描く「5日間」の終盤でもあり、役柄と同じようにヒゲを剃らず、疲れきった顔のキャストたちが、自分たちの任務をまっとうする決死の演技に、撮影現場の熱量はピークに達するのだった。

自衛隊、アメリカ軍の協力

また、本作では、総理がイチエフを訪れるシーンの撮影のため、陸上自衛隊の協力のもと要人輸送ヘリ“スーパーピューマ”が登場したり、トモダチ作戦のシーンを在日アメリカ軍横田基地で撮影するなど、原発の描写以外も徹底してリアリティにこだわった。横田の撮影実現までは困難を極めたが、細部に至るまで真実を正しく伝えようとするスタッフの気持ちが届いたのか、日本映画史上初となるアメリカ軍の協力を得ることができ、基地内で勤務する兵士もエキストラとして参加することとなった。

吉田所長、民間の人が戦っているのに我々自衛隊が退去するわけにはいきません。国を守るのが我々の仕事ですから。
僕が行きます!
吉田、少しは本店の言うことを聞け!
最後に何とかしなきゃいけないのは、現場にいる俺たちだ!
そんなことも決めれねぇのか本店は!現場の人間、体張ってんだよ!!
俺たちは、何か間違ったのか
俺たちより若い奴に行かせるわけにはいかねぇ!
助けに来なくていいですよ。いいですから…。
電源が失われているので、人の手でやるしかありません…。
あなたたちには第二、第三の復興があるのよ。
おふくろ、ちゃんと避難したかな…
撤退などありえない!
大統領、日本政府はこの状況に対応できていません。