Fukushima 50 フクシマフィフティ

福島第一原発に残り続けた名もなき人たちを、海外メディアは“Fukushima 50”と呼んだ。

奇跡は起きると、信じたからこそ

2011年3月11日午後2時46分。

東日本大地震発生。

福島第一原発を襲う、史上最大の危機 ー

原発内で戦い続けた50人の作業員たち。

本当は何が起きていたのか?

何が真実か?

家族を、そしてふるさとを想う人々の知られざるドラマが、

ついに明らかになる。

私たちは、決して風化させない

story

マグニチュード9.0、最大震度7という巨大地震が起こした想定外の大津波が、福島第一原子力発電所(イチエフ)を襲う。浸水により全電源を喪失したイチエフは、原子炉を冷やせない状況に陥った。このままではメルトダウンにより想像を絶する被害をもたらす。1・2号機当直長の伊崎ら現場作業員は、原発内に残り原子炉の制御に奔走する。全体指揮を執る吉田所長は部下たちを鼓舞しながらも、状況を把握しきれていない本店や官邸からの指示に怒りをあらわにする。しかし、現場の奮闘もむなしく事態は悪化の一途をたどり、近隣の人々は避難を余儀なくされてしまう。
官邸は、最悪の場合、被害範囲は東京を含む半径250㎞、その対象人口は約5,000万人にのぼると試算。それは東日本の壊滅を意味していた。
残された方法は“ベント”。いまだ世界で実施されたことのないこの手段は、作業員たちが体一つで原子炉内に突入し行う手作業。外部と遮断され何の情報もない中、ついに作戦は始まった。皆、避難所に残した家族を心配しながら―

全ての人に贈る、真実の物語。

吉田所長、民間の人が戦っているのに我々自衛隊が退去するわけにはいきません。国を守るのが我々の仕事ですから。
僕が行きます!
吉田、少しは本店の言うことを聞け!
最後に何とかしなきゃいけないのは、現場にいる俺たちだ!
そんなことも決めれねぇのか本店は!現場の人間、体張ってんだよ!!
俺たちは、何か間違ったのか
俺たちより若い奴に行かせるわけにはいかねぇ!
助けに来なくていいですよ。いいですから…。
電源が失われているので、人の手でやるしかありません…。
あなたたちには第二、第三の復興があるのよ。
おふくろ、ちゃんと避難したかな…
撤退などありえない!
大統領、日本政府はこの状況に対応できていません。